読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかだの部屋

KJW岡田の体験話をつづります。

KJWの畳の間

KJWでは、和室の事を畳の間と呼びます。

昔の日本家屋の和室ではなく、シンプルで現代的な和室が多いのですが、

必ずと言って良いほど、地窓が設けられています。

吊収納にして、床から60㎝ぐらいの空間に窓を入れて、内側には障子を入れます。

雪見障子ではないですが、畳の間から窓越しに雪が見えたら 癒されますね~

f:id:kjw-tenya:20131128154122j:plain

収納の中にある緑の丸い物・・・これは竹すべりと言います。

襖、障子の敷居溝が擦り減るのを防ぐ物なんですが、サクラなんかを入れる事が

多いですが、KJWでは滑りやすくする為に竹を使ってます。

この後、溝にセットされていました。